「ゲイの出会いをノンケが?」

ブリッジラウンジについて
こんにちは!
2回目の内容は、「ノンケにゲイの気持ちわかるの?」について。

これは初期のころ、よく聞かれました。

他には、

質問「ビアン(レズビアン)さんなんですか?」

回答「ストレートです」

質問「腐女子なんですか?」
回答「違います。萌えていません。」

質問「偏見ないのですか?」

回答「ないです。」

も、何度か。

質問を受けながら、「なぜゲイの出会いをノンケが?」と、お客様は疑問&不安に思うんだなー。という発見があったり、「偏見ないの?」という質問には、無いことを説明するのは難しいなーと感じたことも多々。

「ノンケにゲイの気持ちわかるの?」

これは初期のころから今も一貫して同じ回答ですが、ゲイの方の気持ちがわかるかどうかで答えると私は

「わかりません」

それは、接してきた数百人?千人?とにかく多くのゲイの方々の、それぞれのセクシャリティーの受け止め方だけでなく、幼いころの経験とか、周りの人からの言葉だったり、様々な「生きづらさ」を生の声で聴いてきたので、「わかります。」という言葉ほど中身のないペラッペラな言葉はないと私自身が思っているからです。

そして、更に言うとノンケの結婚相談所でもお客様の気持ちは100%「わかりません」でした。

これはお客様と接するお仕事の方は頷いていただけることかもしれませんが、世の中には自分の想像を超えるいろーーーんな方がいらっしゃいます。

セクシャリティーだけは同じでも、生まれ育った環境も違えば、経験値も異なり、価値観はもちろん、お相手を選ぶ基準も様々。

わからないことだらけでした。

ただ、わからない!ではパートナーを探せませんので、私たちのような仕事の軸はお客様のお話をとことん聴くこと。
婚活業界に足を踏み入れた新人の頃、よく「耳だけで聞かず、十四の心をもって聴きなさい」と教わりました。

「聞く」ではなく「聴く」

「聴く」の漢字は「耳」「十四心」からできていることからの解釈で、「十四の心で聴く」とは
1、感謝する心で聴く
2、美しい心で聴く
3、新しい心で聴く
4、愛しい心で聴く
5、嬉しい心で聴く
6、清らかな心で聴く
7、楽しい心で聴く
8、素直な心で聴く
9、楽しい心で聴く
10、悲しい心を聴く
11、広い心で聴く
12、苦しい心を聴く
13、労わる心で聴く
14、憂う心で聴く
これらを意味します。

「へー!」と頭では理解できるものの、実践難しく・・・接客の度に熱を出していた時代も。笑

と、少し話がそれましたが!お話を「聴く」ことで

年齢は●歳以上!
身長は●cm以上!

というご希望条件以外の部分で、お客様がどのような事を求め、どのようなパートナーであればお幸せになれるかが伝わってきますし、何よりもお客様ご自身がそのことに気付きます。これはベストパートナーをお探しする上で最も重要なポイントですので、必要に応じて、「聴く」機会を重ねます。

とことん話しをしてきたことでの発見ですが、「ノンケにわかるの?」という背景には「ゲイとノンケは違う」というお考えが前提です。
確かに異なることもあります。(これは追々書くとして・・・)ただ、誰かを思う気持ち、出会いから恋愛に発展する過程、それにまつわる悩み、これらは、ゲイ・ノンケ関係なく同じです。

「男女の結婚相談所と違う?」
「ゲイって難しいでしょ?」

こちらも質問をされたことがありますが、共通点は違わないので「わかります」。

そして、ノンケの縁結びも難しいです。いろんな意味で・・・

ゲイの方の気持ち。

セクシャリティー問わずですが、他人様の考えることは教えていただかないとわかりません。

ですので、会員様との対話を大切にしています。

「わかる」に少しでも近付けるように、たくさんの方から気持ちを教えていただきました。

いろいろなお話をするので、お互い隠し事がなくなりお陰様でご卒業会員様ともずっと仲良しです。有難い!
これからもお客様一人一人としっかり向き合って、時間をかけてでも、心の扉を開けていただけるように、真っ直ぐな気持ちで向き合い、血眼でベストパートナーを探します(◎_◎)
セクシャリティーは違えど、私たちは赤い糸を結ぶ職人。

そんなノンケに任せてみようかなーと思う方は、是非ブリッジラウンジにいらしてみてください!

【ご来店予約は公式ホームページから】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お話を聴かせていただけるだけでも、私は嬉しいです^^

おしまい!

関連記事一覧