ゲイカップル交際後を追ってみた。

恋愛事情

間もなく無くなる我が家のトイレットペーパーを探し求めて2日目。
こんばんは。ゲイ専用結婚相談所ブリッジラウンジの田岡です!

週末に仲良しカップルさんが遊びに来てくれましたので、今日はその話題。

このお二人は卒業後も仲良くさせていただき、同棲されているお家にもお邪魔したことがあるのですが、私にとってはもはや「溺愛の息子(弟?)」という存在。
会えるだけでも嬉しいのですが、美味しいお土産も!

そしてカサカサの私を潤す、ボディークリームまで!!

和柄が大好きな私の好みを知ってか知らずか、ケースも可愛く香りがお届けできないのが残念ですが、これをつけるとイイ女になったような気がします。気のせいだと思いますが、そんな気がします。。

お心遣いを有難く頂戴し、あとは3時間喋りっぱなし!

実際交際が始まってどうなの?
という点をズバズバ聞きましたので、内容をお届けいたします。
(ご本人様許可済み)

田岡:どう??付き合って変わったことってある??

あきら:僕は、相手がいないとき、仕事も忙しかったんですけど、時々寂しかったですよね。イベントとか好きだからよく行ってたけど、それで満たしてた感じ。友達も居るけど、友達って友達じゃないですか。みんなにとっても『友達』。
そういうのじゃなくて、何かあった時にこの人だけは自分の味方だ!と思える存在が欲しかったんです。
それが、だいすけの存在で、満たされた。
それからもうイベントにも行かなくなった。

田岡:そっかー!!
あきらさんイベント好きだったけど、趣味とかも相手ができると変わったり無くてもいい事になる可能性があるってことだね。

あきら:うん、僕はもう行かなくてもいいって思えたな。

田岡:だいすけさんは?

だいすけ:僕はね、基本的には変わらない。
ネガティブなところはそのままだし、なんかもっと描いてたのはドラマみたいなことが起こって、性格のマイナスな部分が無くなって…って思ってたけど、そういうのは変わらない。
でも、ただただ、あきらの存在が大きい。
同じところを一緒に見ている存在、絶対!ご機嫌になる存在。
仕事でいやなことがあっても、ご機嫌になれる。そんな存在ができたことが一番大きな変化かな。

僕ね、彼を尊敬してるんです。
(見つめ合う二人)
(二人に私見えてるかな…)

田岡:どんなところを尊敬?

だいすけ:僕が性転換手術してもいいと言ってくれたんです。
ゲイって、例えばこういうタイプがモテる!とか王道の感じがあって、僕もそれに寄せてるところはあったんです。
自分の心に女性的な部分があっても、お見合いの時は男っぽくしてたし。
で、あきらと初めて会った時、あきらが女っぽく見えたんですよね、でも「ネコでもいっか!」と思えるほど、とにかく気が合って、そう思えた自分にも驚いたけど、実際付き合って自分の女性的な部分をあきらの前で表に出しても、「それでもいい」って言ってくれて。
そんなこと言ってくれる人がいることに驚いた。

田岡:もう人間愛だよね。男とか女の見た目ってパッケージでしかないから、そのパッケージ取り払ってお互いのことを見て、認めてるんだと思う。

あきら:僕も一番初めに会った時に、だいすけが女の子みたいだったら、無しかもしれないけど今は中身知ってるし、外見変わっても気持ち変わらないから

だいすけ:ゲイはこうじゃないとモテないって思ってた頃あったけど、ほんとパッケージだけじゃないんだなーって感じさせてくれる。

田岡:お見合いで二人が初めて会った時のこと、今でも鮮明に覚えてるけど、私がお引き合わせして去った途端、話盛り上がってたもんね。
今でも変わらずこうして理解し合って、仲良しさんだし、本当に出会うべくして、出会ったんだね。

田岡:そしてお二人の関係に、またもや変化が?

だいすけ:そうなんです。
僕、「主夫」になる。笑

田岡:そうなんだー!!え、どんな経緯で?聞いてもいい?

だいすけ:昔から憧れていたけど、若い時はまだ「主夫」への考えも甘くて。楽したいー!とかそんな感じの思いだったけど、考え始めたのは、仕事で体壊した時。
その時にあきらが言ってくれたんですよね。
「やめちゃえばー」
って。
「最悪自分が養えるし」
って、言われた。

で、ここ一ヵ月ぐらい会社のストレスが凄くて…
(具体的なお仕事の話なので割愛。それにしてもヒドイ上司…)

その時にも、あきらが同じことを言ってくれて。

二人の将来を考えて話し合ったんだよね。
2人でアクセク働いて、それでもいいけど、それだけじゃないよねって。
「主夫」って未知すぎて、想像つかないけど、あきらのこと支える自信はあったから。

あきら:すごいんですよ。しっかりしてて、お金の管理とか家計簿とか、ほんとすごいんですよ!
僕、貯金たまったんです!

田岡:だいすけさん、しっかりしてそうだもん!

だいすけ:向いてるんです、そういうのは。
平日仕事して土日休んで、って生活を人生をずっと過ごす?って二人で考えた時に、もしかして一人は家に居てっていうスタイルもまた違った過ごし方で、できる事が広がるかも…って思ったんですよね。
それで、あきらの後押しもあって「主夫」に。

田岡:いいと思う!正解って分からないし、いろいろ試してみて、違うと思えば別の道もあるし、試行錯誤しながら二人で将来ビジョン組み立てていくのも素敵だね!

だいすけ:そう、家も買おうかとか話もあるから、それ含めて今度IRISの須藤さんにもお会いして相談しようとあきらが提案と調整進めてくれて、今度お会いすることになった!

田岡:そっか、須藤さんファイナンシャルプランナーだもんね!頼れる!
(お菓子だらけ)

田岡:ところで、素朴な疑問なんだけど、二人はケンカしたことあるの?

あきら&だいすけ:・・・・・・・・・・・(しばらく考え中)

田岡:(なさそう)

あきら:だいすけが、イラっとしてる時は見たことはある。

だいすけ:仕事のことで、イラっとしたことはある。

あきら:あ、最初のころ、したかなーケンカに近いこと。

だいすけ:あー、あったね!一回。
付合いが長くなっては、無い。僕はスイッチ入りやすいから今まではケンカ多かったんだけど、この人は特別。
全然ない。

あきら:基本話し合う。

だいすけ:なんかねー空気みたいな存在なんです。
リラックスの延長で居るのを感じない。

あきら:

田岡:存在感じなくても無いと死んじゃうからね。それだけ欠かせないんだよね。
いつまでも仲良しのままでいてね。特に心配もしてないけど(笑)
また定期的に会いたい!

あきら&だいすけ:今度は居酒屋で飲もうよ!

田岡:是非ー!!!!

3時間でしたので、ごく一部のみm(__)m

ブログ用にもう少しお二人の写真を撮れば良かったと今更ながら後悔。
会話とお菓子に夢中でした。

お二人は、性格の異なる部分が見事にピッタリハマっている印象で、会うたびに愛が深まっているのを感じます。
そして自分の意見を押し通すのではなく、何でも二人で考えて、二人で決める。
お互いの意見を尊重する。
お互いに納得できる道をとことん話す。
ちゃんと想いをお互いに伝え合う。

関係を築くためには、こういうことが大切なんだなーと、私も勉強になるお二人です。

「あきらと付き合って、親に会うとか、一緒に住むとか、今度は主夫になるとか、結婚式(検討中)とか、もう想像もつかなかったことばっかりなんです!こんなこと想像もしなかった。そういう信じられないことが本当に起こってる」

↑これはだいすけさんがお話しされていたことですが、だいすけさんは東京レインボープライドのブースで初めてお会いしました。

優しくて慎重で繊細なハートのだいすけさん。
入会も活動が始まってからも、やっぱりちょっと不安で先が見えないお見合い活動に気持ちが折れそうになった時もあったこと、よーーーく覚えています。

でもたったお一人の大切な人との出会いで、こんなにも「想像つかなかった」未来が作れるんですよね。
悩んでいたあの時のだいすけさんに、「数か月後めっちゃくちゃ幸せになるよ♡」なんて言っても…信じてくれないだろうなー。笑

というわけで、長くなりましたが、お二人に私もパワーを貰いましたので、また引き続きブリッジラウンジでお相手探しがんばります!!

あきらさん!だいすけさん!ありがとう!!!!

いつまでもお幸せにーーー!!

想像もつかない未来をつくる、お手伝いができるかも?しれません!
パートナーが欲しいな~と思っている方は、是非ブリッジラウンジにお気軽にお話しだけでも聞きにいらいてください(^^)/

関連記事一覧