一人で生きていく方がいいのかな。

婚活事情

皆様こんにちは!
まさかの夏カムバック!?という暑さですね。

ゲイ専用結婚相談所ブリッジラウンジの石垣です。

いつも親しくお話させていただいている会員様から、前回のブログの更新後すぐに「読みましたよ!」と言っていただきました。
(いつも更新チェックしていただきありがとうございます🙇‍♀️)

実はこう見えて(?)ブログを書くときには「こんな拙い文章、世に出して良いものなのか・・・」と一抹の不安を抱えながら投稿しています。
そのことも正直にお伝えすると、

「スタッフさんの人柄も分かって面白いですよ!」

とご感想を頂きました。

感涙!!!

ブログの目的の一つでもある、「コンサルタントがどのような人物なのか、サービスの雰囲気も知っていただきたい」というのが、伝わっていると思うととても嬉しくなりました。
もちろん皆様に有益な情報を発信していくのがメインの目的ですが、ぜひ「どんな人がどんな風にサポートしてくれるのだろう・・・?」

といった視点でもお読みいただけますと幸いです!

さて、本日は会員様からよくお伺いするお悩みについて、コンサルタントという立場から感じることを書き綴ってみたいと思います。

今は恋愛する時期じゃないのかな。

「一人で生きていく方がいいのかな」

「今は恋愛する時期じゃないのかもしれない」

特に複数回お見合いを重ねている会員様からよくお伺いする悩みです。

正直、沢山の会員様を見ていて同じ現象が起こるので、とても理解できます。

「婚活疲れ」という言葉があるのにも納得ですし、毎月毎月新しい方と出会い、お相手のお返事をお断りをしたり、お断りされたり、そういったところでも精神的に負荷のかかることなのは重々分かっているつもりです。

そのうえで、モチベーションを常に高い状態で保つことが困難なのは当然のことと思います。

恋人探しは、言わば「出口の見えないトンネル」。

何も見えない中、ゴールがいつかも分からず進んでいるような感じです。

それでも、私たちコンサルタントが会員様に「歩き続けてほしい」と心から願うのには理由があります。

成婚されたカップルさんたちの見たことのない幸せそうな笑顔、そしてそこにたどり着くまでの過程を知っているからです。

成婚カップルの皆様も、同じように「出口の見えないトンネル」を、いつ終わるのか分からないまま、歩き続けてきました。

その中で、「今は恋愛する時期じゃないのかもしれない」「もう一人で生きていくのかもしれない」と、時には立ち止まり、ご相談をいただいたことも何度もありました。

つい先日ご成婚された方も、同じく途中でご活動退会を考え、ご相談のためご来店されていたのを覚えています。
その時は確か、退会ではなく、一度お休みしてまた、恋活への気持ちが戻ってきたら再開しますというお返事でお帰りになりました。

(まだご成婚インタビュー前なので、詳しくはインタビュー後、改めて記事を出します)

しかし数日後、「色々考えて、やっぱり諦めずにお相手探しを続けていきたい」とご連絡をいただきました。

私はこのご連絡を頂いたとき、霧が晴れたような、清々しい希望のようなものを感じるとともに、直感的に

「あ、きっとうまくいく。」と思いました。願いでももちろんありますし、事実本当にそう感じたのです。

私が想像にも及ばないほど、本当に色々な事をお考えになったのだと思います。

いただいたメール文からは何か吹っ切れたようなものを感じました。

もう出会いはないのでは?続けてももう無理なのでは?うん、もうダメかもしれない。

それでも。

それでもやっぱり諦めきれない素敵な2人の未来。
ここで踏ん張らなくては手に入れられない未来。

そしてその会員様はその後数か月、頑張ってご活動を続け、その輝かしい未来を手に入れたのです。

ご成婚のご報告を聞き、ご活動を立ち止まっていらっしゃった当時の様子を思い浮かべ、本当に、本当に嬉しく、祝福と尊敬の思いで胸がいっぱいになりました。

あともう少し、可能性を信じて頑張ってみようというプラスのエネルギーが幸せを呼び寄せていたのではないかと思います。

ゴールは、「ない」のではなく「見えない」だけ

成婚の秘訣は?

と成婚カップル様方に聞くと必ず

「続けること。これに尽きます」

と返ってきます。

これを毎度聞くので、お悩みになっている会員様にはどうにか

「続けていただきたい」

「諦めないでいただきたい」と願うのですが、ただそれをお伝えしても、

「そんなこと言われても、ゴールがどこかも分からないトンネルを歩けないよ」

そう思われるのも、正直なところ、とても理解できます。

ところが、「休止中」にちょうど新しくご入会された会員様とのご面談中に

「まって、この方、すごく〇〇様と合いそう!!!あっ!今〇〇さん休止中だった・・・ご紹介したいのに、できない!(悔)」

と、傍から見ている側として、「逃す縁」を何度も目の前にしたことがあります。

本当は、ゴールは1歩先にあったかもしれないのです。

一人で歩かせない。

しかしながら、「もう諦めたい」という気持ちにさせてしまうのは、半分はコンサルタントにも責任があります。
なぜなら、会員様に、

「自分は一人でこのトンネルを歩いている」

と思わせてしまっているからです。

一緒にトンネルを歩いているのは私たちコンサルタントです。

立ち止まりたくても、先が見えなくて不安になっても、私たちはゴールを血眼になって探し続けています。

たとえ実際に会員様自身が立ち止まっていても、です。

私たちはいつも会員様の幸せを願って後ろから背中を押したり、前から引っ張ったりしています。
そして時には、私たちコンサルタントも一緒に立ち止まり、会員様とその場で座り込み、

「ミーティング」をすることもあります。

「一旦これまでのご活動を振り返ってみましょうか」

「希望条件の見直しをしましょうか」

「自己紹介文を変えてみましょうか」

「もっとこういう方向でいきましょう!」

「自己紹介文のここがネックになっているかもしれないので、こうしていきましょう!」

「お見合い中の会話、ここはこうした方がいいかもしれません。どうですか?」

会員様に幸せを掴んでいただきたいので、私たちも客観的な視点から全力でアドバイスさせていただきます。

トンネルを進む時のマインドセット

ご成婚される会員様は、皆さん揃って

「さぁ、恋愛するぞ!!!」

と意気込んでいるときに彼氏ができているわけではありません。
(もちろんモチベーションMAXの時にご成婚される場合もございますが)

それこそ、どん底に落ちて、もはや半分諦めていながら、

「活動はゆるく続けていくか。。。( 一一)」

ぐらいのモチベーションでご活動されている中で運命の方に出会ったという方もいらっしゃいます。

ご成婚されたカップル様方の「こういうマインドセットでやっていたよ!」というリアルな声も参考にしていただくと、ゴールに一歩近づくかもしれません。

【最後に】

長くなりましたが、最後にお伝えしたいことは、ネガティブ要素があるときに決断しないことです。
暗い場所、天気が悪い時、体調が悪い時、夜遅い時間、寝る前には、正しい判断がしにくい傾向にあります。

大事な決断は明るく、精神的、肉体的にも元気な時に。

人間なら誰しも物事に対し、さっさと白黒決めがちなものですが、正常な判断ができなさそうなときには、グレーなままでも良いと思います。

「少し疲れたな」という時には、トンネルの入口に戻っていくより、その場で座り込んで、一息ついてからまた立ち上がっても大丈夫です。

もちろん、私たちは会員様が座り込んでいる時でもゴールを血眼になって探しておりますので、安心してくださいね。

ここまで、お読みいただきありがとうございました!👼💖

これからも幸せなゴールに向かって共に歩んでまいりますので、些細な事でも、ぜひ私たちに遠慮なくご相談ください。

また、ブリッジラウンジでコンサルタントと二人三脚の恋活に少しでもご興味をお持ちの方は、ぜひご来店くださいませ。

スタッフ一同、ご予約お待ちしております🍀

専任コンサルタント 石垣桃


★期間限定!お得なキャンペーン実施中!★
詳細はこちら↓↓↓

関連記事一覧