ゲイ 婚活カップル【インタビュー】「恋愛対象ではない」からのはじまり。(前編)

こんにちは。 ゲイ 専用結婚相談所ブリッジラウンジの田岡です。

今回のご成婚インタビューは、超大作。

通常1時間~1時間半ほどお時間をいただきますが…

今回は5時間です!ご!じかん!

カップルさんは、伝えたいことがモリモリ。
私は、聞きたいことがモリモリ。

どれも削れず、大盛り5時間。

ご来店時に「今日、伝えることまとめてきました!」と、出してくれたメモ、いや、メモじゃない、もはや書類。


想いが有り難すぎる(´;ω;`)

17時から始まったインタビューは、22時頃終了。
カップルさんも私達スタッフも謎の達成感に包まれるという面白展開。

もちろんこのインタビュー記事も長編になることは間違いなしですが、今回長くなったことにも理由があり。

お二人は、トントン拍子のよくあるパターンではない過程でした。

すでにネタバレしたくて仕方ない私ですが

これからお相手を探す方はもちろん。

「相手探すって難しいなぁー!」と感じている方

「恋愛対象ではない」と即判断している方

すべての人に読んでいただきたい内容。

翌日声がカスカスになるほどの、笑いあり涙ありの感動巨編。

A3用紙4枚にきっしり込められたお二人からのメッセージも受け取っていただけると嬉しいです。

じっくりご覧ください。

今回の素敵なカップル

■ブリッジラウンジ入会のキッカケ

キッカケは2つありました。

1つ目は、友人がブリッジラウンジでパートナー見つけて、3年交際してるんですけどずっと幸せそうで、「いいな!」と思ったこと。

2つ目は、環境に恵まれた今の職場が自分の居場所と感じてたんですけど、職場の人は家庭とか職場以外の居場所があるんですよね。それを見聞きして「いいな」「寂しいな」と、感じたことがキッカケになりました。

NOVさんは1年前にも一度来店いただいてましたよね。

そうなんです。1年前に来店したんですけど、忙しくてその時は始めませんでした。

ただ、入会を見送った時もニュースで同性婚裁判を見る機会があって、しんどい判決(大阪)の時に一緒に涙を流しながら「頑張ろう」と支え合っている方々の姿を映像として見て、「いいな」と思ったんですよね。もちろん判決内容はしんどい内容でしたけど、こんな風に寄り添えるパートナーが欲しいな…と、そんな刺激も受けて、始めてみようと思いました。

僕は、昔から相談にのってくれるノンケの友人が居て、久しぶりに電話したときに結婚したことを知ったんです。それを聞いた時に悔しくて…寂しさも感じたのがキッカケのひとつです。

その後、転職して環境や経済的にも余裕ができたので以前から知っていたブリッジラウンジに入会しようと決めました。

お見合いサービスという新しい領域への抵抗はなかったですか?

僕はなにも不安がなかった。

Fさん(成婚者)から「田岡さんという神がいる」って聞いてたから。お金貰ってるんじゃない?ってぐらい褒めてた。笑

僕も入会するときは「やるぞ!」しか考えてなかったので、心配はありませんでした。

実際担当が宮田さんでお話しも聞いてくれましたから「これなら大丈夫」と安心して始めました。

■【初対面】お見合い

はじめてお会いした時は、「若い!」と思いました。あと「優しそうな雰囲気だな」というのが第一印象。
会話して、頭の良さも感じました。

僕は過去の教訓からお見合いでは、仕事に関連した話をしないように、アニメとかファッションとかライトな話題を意識しました。

(補足)
NOVさんは人権に向き合うご自身のお仕事に関わる話題を、過去「重い」と受け取られた経験から、お話しすることを控えていました。

真面目な話しを振ると、途中で話題切り替えてましたね。

GOさんは気付いてたんですね!
NOVさんは初対面の印象、どうでした?

GOさんからは話すこと許可得てるので言っちゃうけど。笑

「エロ同人」の話。

漫画の話題から自然な流れで出た「エロ同人」ワードが記憶を全部もっていった。笑

っ!!いや、いや、待て、待て、待て、いや、ちがう、ちがう、ちがう。

お見合いでなかなか出てこないワードだよね。笑

自己紹介文を事前に読んだときに真面目で誠実そうな印象を受けたんです。

で、お見合いのお部屋に入って会話してたら「エロ同人」ワードが出てきて、それが頭の中をグルグル巡っていたからお見合い回答をするときに、「…、ぜひ」と、少し間が空いたのを覚えています。笑

■お見合い成立後

喫茶店に行って、1時間半ぐらい話しました。

僕の仕事の内容を伝えて、NOVさんの仕事にも興味があったので仕事のことを質問しました。

僕は仕事のことは、この時点ではあまり伝えたくなかったので、誤魔化してたよね?

明確に「真面目な話を控えてる」って言われたよ。

でも人権に向き合う仕事を、どうして躊躇して話さないのかこっちは全く理解できなかった。笑

そうだよね。笑

でも話題は振ってなくても、GOさん自ら社会問題に関わる話をしてくれることがあって、会話を通じて物事を多角的に考える人だなと思ったのが印象に残っています。

で、その日にLINE交換をしたんですけど別れて30分もしないぐらいで「また会ったりできますか?」ってLINEが来て。

か、かわいい…

なんだこの可愛い生き物は!って思いました。笑

■【2回目】オムライス

2回目会った時は3時間ぐらい一緒に居ましたけど、恋愛という意味では踏み込んだ話はしなかった。

この時点での僕のGOさんへの感情は『おもしれーおとこだな!』だった。

僕が仕事関連の勉強会があったので、その話を少ししたら「どんな勉強会だったんですか」とか聞かれて、まだ深い話は警戒していたので詳しく話せないな…とか思いながら

そうそう、話しを逸らしたよね。

質問しても、ぼやけた話しで逃げられた。

明確にそこは(仕事に関わる深い話は)しない!って決めてました。

今ならサラっと流されたような低いレベルの話をする人ではないって思えますけど、あの時は「あまりこういう話はしないけど」という前置きがやたら多かったので、なんでだろう…と思いながら話しを進めていました。
でも話しをしている時間は楽しかったのでアッと言う間。

楽しかった。だってオムライス食べに行ってもカロリーの数字とか栄養素の話題とか出るから万人には刺さらないと思うけど「おもしれー」と感じたんです。

その反面、また2回目も下ネタワードが出てくるんですけど。笑

そういう話題も単体だと嫌かもしれないし、他人が見たらマイナス要素と判断することもあると思うんです。

でもこういうサービスで出会うと、自然恋愛と違って普段の色んな面を知らずに短い時間で判断せざるを得ないから1個1個の失点が大きくなると思っていて、でもそれって本質ではないんですよね。

だって気になる点が全く無い人って、身近な人でも居ないと思うから。

1個1個の「ん?」と思ったことが、本当に自分にとって大きいのか?とか、本当に嫌だと判断する本質なのか、見極める必要があると思っていました。

職場とか学校が例えば同じで、長く一緒に居たらいずれ好きになるかも。という人をお見合いで逃したくないな。というのはずっと考えていました。

メールで何度もやり取りをしましたが、NOVさんのその考えがなければGOさんとの3回目、4回目に続かなかったと思います。
「恋愛対象として見れない」で切ることはよくあるので。

でもその後、急にLINEが塩対応になったです。

だから田岡さんにもメールで「これで終わると思います」と送った。

なにも考えてなかった。笑

明日また次に会う約束の連絡するから、いっか!程度にしか思ってなかった。

■【3回目】ご飯屋さん

ちょっといい感じのご飯食べるお店で、その日も3時間程会いました。

その日はどんな話しを?

「NOVさんって性の話とか全然しないんですよね?」って聞かれて、「僕は人目とか気になる人も居るから公の場ではしないんです。でも僕自身は聞かれるのは大丈夫なので知りたいことあれば聞いてください。GOさんも大丈夫なら、僕も聞きます」って言いました。

そしたらお互いOKだったので、「カミングアウトどうしてる?」とかの話しから始めました。

NOVさんはご両親にカミングアウトしてる、僕は全くしていない。そんな話しをしました。

性の話って言ったら、ほんとに性の話を

やめてよ!やめてよー

えっちな話題ね。笑

僕は何度かNOVさんと話していて、すごく印象は良くなっていました。

その理由は、人のことを「クソだ」とかそういう話しが一切出てこない。

「あの人はダメ」とか、「こういうことはダメ」、とか否定しないんです。

僕はNOVさんと出会う前にお見合いした別の相手のことも気になっている状態だったんですけど、この時点で、「NOVさんだ」と気持ちが変わってきました🔥

GOさんは熱量が強火になったみたいなんですけど、この直後田岡さんにとろ火にさせられたんですよね。笑

(すまぬ)

僕自身はビックリするぐらい感情は「凪」で、田岡さんに自己分析メールを送ったと思うんです。GOさんと居るときは楽しいのに、心が動かなかった。。

GOさんから「イルミネーション見に行きませんか?」って誘われたけど、今の気持ちでイルミネーション厳しいな。。とも思って

ひどいな。笑

ここから気持ちを動かしたGOさんの功績!後から出てくるからね!

ごめんごめん!笑

でもこの時は、こんな気持ちで会う事は思わせぶりだったり不誠実だったりしないのかな。。って思ったから田岡さんに相談のメール送りましたよね。

で、イルミネーションはデート感が強すぎるから水族館の妥協案で進めました。
ただ、この時点で楽しいとは思ってたし、僕って人の発言に対して厳しいじゃないですか。

でもGOさんは3回会っても嫌だと思うコトは何もなかったんですよね。
だから楽しさだけの追及じゃなくて、会ってみようと思えたし「もしかして気持ちは変わるかもしれない」と田岡さんから言われたことも頭に残っていました。

とはいえ、気持ちが変わらずお断りする可能性もあったから、田岡さんに「会うことを続けましょう」と言われなかったら、ここで終えていた可能性もありました。

私も人様の人生に関わることなので、思いつきとか過去の事例だけで話さないようにしてるんですけど、NOVさんは都度都度感情を伝えてくれてましたよね。

活動する中で変わってきたコトもあったし、変わらないコトもあって、変わらない芯はお仕事にも深く関わるコトで、お相手選ぶ時に「この芯だけは絶対に譲れない、押さえないといけない」と私も認識していました。

GOさんとの相談を受けたときに、『絶対に譲れない、押さえないといけない芯は、持っている。でも恋愛対象としての気持ちが動かない』という相談だったので、いやいやいや、NOVさんが一番大切にしたいものを持っているGOさんを絶対、逃しちゃダメだ!と思いました。

ただ人の気持ちはスグ動かせないので、まだもう少し様子を見たい!という気持ちだったんです。

3回目会っての報告を受けて、そう思ってくれてたんですか?

GOさんと少し話しただけでも人柄は伝わりましたし、今だから言いますね。。。

私はNOVさんの相手に望むことを充分理解していたので、もし、GOさんとの関係が終了した場合、今の会員様の中でNOVさんに次紹介できる人…居るかな…ここまでの人(GOさんのような人)居ないかも。と思っていました。

こわい!!でもすごい!

でも、私も強火だ!ということは弱火のNOVさんにプレッシャーかけるので言えませんでした。

だから「会ってみたらー」とできるだけ軽く考えてもらえるように促していたつもり。笑

そう、いつもの田岡さんより、軽めな感じで「とりあえず行こう」みたいな返信でした。意図的な感じで軽めにしてくれてるんだろうな~って。

するどいからバレてるよね!笑

でも田岡さんのこと引くほど尊敬して大すきだから、田岡さんが言うんだったら会ってみようと思えたし信じようと思えた。

ありがとう…、でもNOVさんの素直さだったり、婚活に向かう真剣度のお陰だと私は思ってるよー。

■【加熱調整】GOさんご相談会

3回目お会いした後に、GOさんご相談で来店いただきましたよね。

そうです!

前にお見合いした方とNOVさんの間で揺れてたけど、気持ちはNOVさんに決まったのでこの後どう進めようか相談を!と思って🔥

僕自身は3回会って楽しかったので、NOVさんも僕のこと好きだろ!って思ってたんです。笑

ちなみに「凪」だった。笑

ぜんぜん同じ気持ちじゃなかった。笑

相談に来たら、田岡さんから「NOVさんへの熱が高まってると思うけど、今は少しとろ火にしてもらって」みたいなことを言われて。結構ショックだったこと覚えています。

ただ、感触的にゼロではないと思ってたので時間をかけていけば何とかなるとも思いました。
宮田さんや田岡さんからも、「もっと深い話をしたほうがいい」と言われてカラオケの個室とかLINEで提案したよね?

そう、急に連絡きてその内容から「あ、誰かの息がかかったな」って思いました。笑

バレてた。笑

GOさんはわかりやすいんですよ!笑

僕はその相談した時にNOVさんに絞ろうと心を決めて、ブリッジラウンジの活動は休止することにしました。

熱量がバカ高かったわけじゃないけど、決めてもいい人だと思えたし、時間をかけようと思いました。時間をかけたらどうにかなるかもしれない!って。

GOさんが相談に来てくださったとき、担当の宮田と共に私も同席しましたが、頭フル回転で喋りました。笑

上手くいってほしいから、どうしようかな‥‥って。

気持ちが冷めてもダメだし、熱すぎてもダメだし…

私はNOVさんの担当だから全部知ってたんですよね、メールで報告数回受けてるので。

でも「今は恋愛対象として見れないらしいです」なんて絶対言えないですし、今後二人の関係が育つ可能性を願っているので、気を付けながら話しをしました。

もう全部ネタバレすると、GOさんが次に会った時に告白しそうな勢いを感じたんです。
その一方で、NOVさんからは「会うことで期待を持たせたら申し訳ない」と何度か相談受けていて。

だから、このタイミングで告白するとNOVさんは「やっぱり期待させてることをしてしまった」と感じて、終わらせてしまうと思いました。
なので、GOさんには「NOVさんはまだこれからお互いのことを知っていきたい段階だと思うから、もっと回数を重ねたらいいですよ」と、火力を下げたんです。
告白を先延ばしにするのが狙いだったので。

で、NOVさんにはメールで、GOさんの高まる熱量との温度差を心配してたから「そーでもないですよー(GOさんそんなに高まっていないですよ)」と伝えたつもり。

そんな調整が。笑

田岡さんは「GOさんは真剣には考えてはいますが」ってリアルな部分も混ぜてたんですよね。「気持ちゼロ」でしたよ、だったら信じられなかったけど、リアルな部分があったから「それぐらいの気持ちならまた会ってもいいかな」って思えました。

「NOVさんと同じお友だち感覚でしたよ」と伝えると、「あ、友達でいいんだ!」ってそっちに振り切られても困るので、伝え方は言葉選びました。

でも私GOさんとあの日話せて良かったなと思ったのが、NOVさんのこと

「あの人は誰も傷付けない。そんなところがいい」

って言ってくれましたよね?
あの言葉を聞いた時に、NOVさんと深い話もしたことがない段階なのに、こんな風にNOVさんのこと理解してくれていることに感動して

「NOVさん、、もうこれ以上の人、、いないよ」って思いました。

だから時間かけて熱量は変わる可能性もあるので、私はまだ火力調整の!このキッチンから!離れてはいけない!そんな使命を感じていました。笑

■【4回目】水族館

この日イイ所が1個見えたのが、僕が水族館の予約日を間違えてたんですね。

僕も逆の立場だったら負担に思わないように「大丈夫ですよ」って相手に伝えるんですけど、社会人として大人の振舞いとしての「大丈夫ですよ」じゃなく、GOさんの「僕もたまにあるし、大丈夫ですよ」は大人すぎない等身大の優しさが見えたんですよね。

自分が「大丈夫ですよ」という時とはベクトルが違った。

その日は水族館の後に深いお話しを?

彼が相談に行ったあとに宮田さんから送られてきた「深いお話しはこういうことを聞くと良いリスト」昨日見せられたんですけど。

なんでも見せる!笑

リストには用意されてなかった内容が結果刺さって、例えば少しふざけて使うワードに対して「こういう言葉は嫌ですか?」って1個1個聞いてくれたんですよ。

なんでこの人はこんなに僕のことが見えてるんだろう…って、やっぱり本質を見る力が強いんですよね。

セクシュアリティいつ自認したか、とか

今の自分を形成するまでにしんどかった経験、とか

恋愛の話ではないけどそういう話もしました。
あとは過去の出会いでトラウマがあると伝えたとき「トラウマになってるってことは、相当こっぴどくやられたんですねっ」て言われて、その時の表情が憤りや諦めのような色んなことが混ざった表情をしていて、それを見た時に僕も聞く側の立場だったら、同じ表情をするかもな…って、ピタッと一致したんですよね。

未来のパートナーとして見る可能性が少し出てきたんだけど、まだ心は動かなかったんです。

その次の日、なんとも言えない温度感のままメールじゃ伝えきれない想いがあって田岡さんに電話しました。

電話したら田岡さんいろいろ話し聞いてくれたんですけど

「NOVさんは人を傷付けない人だとGOさんが言ってましたよ」って聞いて、それ聞いた時に意外性を感じなくて「GOさんなら言ってくれそうだな」って思ったし、嬉しかったんです。

その夜、大好きな推しのライブがあって目の前に推しが居るのに、GOさんの言葉が頭を過って涙が止まらなかったんです。

そのころに、ちょっと氷が溶け始めました。(🔥ボッ)

私GOさんと話した時にこの「NOVさんは人を傷付けない」がすごく印象残ってたんです。
NOVさんが、一番望んでいて、一番わかってほしいって思ってることって、コレじゃない?と思ったので、ひとつの起爆剤になるかも…と、勝手にバラしました。

今思い出してもちょっと泣きそう。

人権に向き合う仕事を通じて形成された自分の「重い」と受け取られる部分は、自分のめちゃくちゃ良い部分でもあると思っていてるんですけど、人からはなかなか理解して貰えない部分でもあると思ってたんです。

でも「NOVさんは人を傷付けない人」という言葉を聞いたときに、「あぁ、僕はこの部分を『理解してくれる人』じゃなくて『いいな!って思ってくれる人』を望んでたんだなって言語化できました。

私もこの言葉をGOさんから聞いたときに、もっとGOさんのこと好きになったです。

「どんなところが好き?」って質問は、過去のカップルさんにもたくさん聞いているので、「趣味が合うところ」とか「見た目が好みだった」とか「話しが合うところ」とか回答をある程度想像してたんですけど、はじめてでした。
「あの人は誰も傷付けない。そんなところがいい」って回答は。
しかも考える間もなく即答されましたよね。

あの瞬間、私が一足お先に「ビビっ」ときました。笑

この頃から、LINEを2時間ぐらいするようになった。

急に増えた!

LINEが楽しくて、夜に「声聞きたいな」とか、一日の出来事も「GOさんに話したいな」って思うようになったんですよね。(🔥ボッ)

5回目会う予定が食べ歩きとか美術館だったんですけど、美術館5つぐらい提案してくれて。3つで充分やん!(笑)とか思ったんですけど、そんな慣れてないところも可愛かった。

で、食べ歩きの計画があったから、「これを口実に電話できるな」って思って…4時間話しました。

めっちゃ話しました。

弱火だったNOVさん、「声聞きたいな」「これを口実に電話できるな」で、自分の想いに気が付きました?

氷が溶け始めてる段階だな…って思ってました。ただやっぱり「恋」だとは思ってなかったんですよね。

でも楽しかった。

うん、楽しかった。

電話してメインの食べ歩きの計画は10分ぐらいした程度で、あとは近況とか…何話したっけ?

GOさんがこの辺からさらにいろんな話しをしてくれた印象。

友人の話しとか増えたよね。

弱音もちょいちょい話すようになった。

話しても「頑張れ!」みたいな視点じゃなくて、普通に聞いてくれたから話しやすくて。
弱音言って「頑張れ!」って言われてたら僕はダメだったかもしれない。

お互い、いろいろ開示し始めたんですね。

例えば仕事も、僕もGOさんもお給料今より高いところで働こう!と思ったら他の道もあるんですよね。でも自分のやりたいことを大切にしていきたい想いは僕も同じで、不安定なところも共感したし、素敵だなってずっと思ってました。

やりたいことをやっていることに魅力を感じたし、立派なことをしているのに、自慢もしないし謙虚だし、いい意味のプライドは持ってるし、GOさんのそういうところは「いいな」と思ってましたね。

4時間ぐらい電話していると沈黙の時間もあったんですけど、それも苦じゃなかった。

電話する前は緊張してたんですけど、10分ぐらいで緊張が溶けました。

僕、一人しか友人が居ないんですけど、その友人とも2時間話すとしんどくなってくるんですね、でもNOVさんとは4時間電話が苦じゃなくて楽しくて…このへんぐらいから「もう…、この人を、僕のモノにしたいな」って思い始めました。「NOVさんより、他にいい人はもう居ないな」って。(🔥🔥🔥ゴォォォ)

このタイミングで、GOさん本人の口から「NOVさんは人のことを傷付ける人じゃない」って言ってくれたんです。

人から聞くのと、本人から直接伝えられるのは嬉しさが違うよね。

■【5回目】13時間半で動き出した恋心

この日のデートプランは盛沢山でした。

戸越銀座で食べ歩きして、美術館行って、代官山の本屋行って、イルミネーション(青の洞窟)行って、ハンバーグ食べて、カラオケ行って、13時間半一緒に居た。

告白はしてないけど、NOVさんの気持が高まってる感…

僕は絶対堕とせると思ってたし、「こいつ俺のこと好きやろ」って思ってた。笑

思う思う。

長い時間一緒に居ても楽しいし、美術館とか喋らない空間でも楽しめたのが大きかったですね。

僕も楽しい半面、まだ好意を感じて戸惑うこともあって、食べ歩きで大学芋を買ったんですけど「あ~ん」してくるんです。「あ、大丈夫です」って普通に返したんですけど、リベンジで今度はアっツアツの揚げたて唐揚げを「あ~ん」してきて。笑
それは恋人でもダメだって。笑

罰ゲーム、二人羽織りのやつですね。笑

「NOVさんのこと、ちゃんと考えてます」とも言ってくれて、僕は「好き」とは言えなかったけど、電話もして気持も向いてたので、カラオケ(個室)行った時に

「少し時間がかかるタイプなんです」ということを伝えたら

「『二年間待って』とかじゃなければゆっくり待ちます。NOVさんが納得いくカタチで、もし友達関係がイイってなっても、たぶん、、泣いちゃうけど、それでもいいです」

って言ってくれたんです。

…「たぶん、、泣いちゃうけど」が子犬ですよね。

毛布に包んであったかいミルク飲ませたいです。

こんなに想ってくれてんだな…って。

あとGOさんの飾らないピュアさにココ(胸)がキュッとなりました。(🔥ポッ)

その日から気持ちに変化が?

この日のカラオケもキーポイントでした。

日本の差別的な現状も考えて海外で住んでみたいとか、子供を育ててみたいとか、結婚式挙げたいとか、将来ビジョンを話す予定はなかったんですけど、GOさんが引き出してくれて。。

引き出したつもりはないんですけど、将来どこに住みたいかの話題からそうなったよね。

そうそう、日本だったら東京に住みたいけど同性婚の現状とか考えて海外に住むことも考えてるって話したんです。

で、言ったあとに「また言っちゃったな、、」って。。

後悔したの?

そうですね。こういう話しで重いと捉えられたことがあるので、GOさんにも「ごめんなさい、重い話をして」って言ったら

「重い話と真面目な話を混在してはいけないですよ。NOVさんが今話してくれた話は真面目な話です」

って言ってくれて、それが僕を救いました。

GOさんはかっこつけようとはしなくて、本音で話してくれる人だから凄く響きました。

代理出産の話や同性婚の話をしても、情報のアップデートをしている印象を受けたし
当事者がおかれる社会現状ふまえた上で、いろんな選択肢を話し合って将来どうしていきたいかを決めていける人がいいって、思ってたんですけど、GOさんとはそういう未来が思い描けると思いました。

僕自身のこともいろいろ話したんですけど、辛かった思い出に少し泣いてしまったときNOVさんが手を握ってくれて誠実な人だと十分伝わりました。

優しいにもいろいろタイプがあると思うんですけど…人を傷付けない優しさっていうのは「自分が直接人を傷付けなければ、他の人が傷付けてもいい」っていうのがよくある事だと思うんです。

でもNOVさんは、「自分が人を傷付けない。その上で、社会全体として人が人を傷付けないような社会になるには何をすればいいか」を考える、ワンランク上のことをやっていて、誠実だし、高いレベルで物事考えているし、尊敬できる人だなって思えて「この人だな」って熱量高まっていきました。(🔥🔥🔥🔥🔥ゴォォォ)

もう付き合ってほしい。

ここからラストスパートです。

いきましょう!

ゲイとしての「普通」みたいなこととか、違う望みを持つこととか、自分が本当に大切にしてることとか…

いろんなことをGOさんは理解しようとしてくれるし、僕もGOさんの気持ちを理解したりとか、寄り添いたいなって思うようになりました。

そんな感情と向き合って「あ、この人だな。」って…。

決めました。(🔥🔥🔥🔥🔥ボォォォ)

5回目のデートで熱量が(🔥o🔥)!

5回目デートの後の電話は、確実に!「声」が違いました。笑

そう!声色が違うって言われました。

声が「甘々」とか、「糖度が高い」って言うんですよ。

変化が分かりやすかったんだと思います。

優しい声になったんです。

その時点で気持ちは高まっていたので、6回目はゆっくり話したくて「うち来ない?」「泊まりに来ない?」って伝えました。(🔥🔥🔥メラメラ)

GOさんはNOVさんの感情の変化を、どう感じてましたか?

5回目のデートも楽しかったですけど、「『二年間待って』とかじゃなければゆっくり待ちます。」ということも伝えたぐらいですから、自分が結ばれる自信はありませんでした。

だから『僕とパートナーになる人はNOVさんだ!』と言い切れない段階でしたけど、確実に声が甘くなったのでコレはエビデンスだと。

声の甘ったるさがエビデンスなので、、

!!「声が甘ったるくなったのがエビデンス」ってシングルのタイトルみたいだね。笑

すごいパワーワード!

その確認を得たのでようやく「この人だ」って、いけるな!と思いました。

まだ付き合い始めてなかったのに、GOさんに「NOVさんは僕のコト好きだと思います」とか言われました。

だってエビデンスあるから。

そりゃそうだ。

このあたりからGOさんが好きだという感情を隠さなくなってきたんです。

だってエビデンスあるから。

僕は次会ったときに告白しようと決めてたんですよ。
サプライズとかも考えてて、でもこのへんからGOさんが「好き好き」言うから僕も「好き」って言っちゃって。笑

「好き」は確実なエビデンスだよね。

そしていよいよ6回目、お二人の気持ちが同じになったタイミングでお泊り会を迎えたわけですね!

「恋愛対象ではない」と言っていたNOVさんの心に灯がともり🔥
同じ熱量になったお二人が迎えた「お泊り会」。

どのようなゴールインを遂げるのでしょうか!

後半へ続く!🏃

ブリッジラウンジ

140,967 views

ゲイ・レズビアン専用結婚相談所「ブリッジラウンジ」は、ゲイの方、レズビアンの方々の真剣なパートナー探しをサポートするサービスです。 そのため私たちのサービス...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧