ゲイ 婚活カップル【インタビュー】彼との出会いで人生はもっと楽しめる。

こんにちは! ゲイ 専用結婚相談所ブリッジラウンジの宮田です。

本日のカップルさんは、20代後半と30代前半の会員様です。

ブリッジラウンジのご入会のきっかけやお二人が初めてお会いした日などを思い出していただきながら、ご交際に至るまでのお話をお伺いしました。

ぜひ、お読みいただけると嬉しいです!

今回の素敵なカップル

■ ゲイ 専用結婚相談所ブリッジラウンジ入会のキッカケ

僕は、仕事の開業届を出したタイミングで、支えてくれる伴侶が欲しいなと思いました。
でも、なかなか出会いの場がなかったので、「ゲイ 出会いの場」で検索したら、ブリッジラウンジが出てきて、行ってみようかなって思いました。
あと、田岡さんが出られてる漫画『ぼくのはじめてゲイ婚活』を読んで予習してきました。

私は、29歳まで誰とも付き合ったことがなかったんですが、30歳になるまでに、彼氏か彼女を作ろうと決めていて、その結果、彼氏が出来たんですね。
でも、その人は、遊び人気質の人だったので、私が何度か連絡してやっと会える人だったので、自然消滅で別れました。
次に、30歳〜31歳になる間に彼女を作ろうと決めて、彼女が出来ました。
その彼女は、私が男性が好きということを知ったうえで、お付き合いしてくれたんです。
結婚も前提に付き合っていましたが、1年同棲してお別れしました。

次どうしようかなと思っていたときに、私も「ゲイの出会い」みたいな感じで調べたら、評価サイトを見つけて。
「真剣な出会いを求める方はブリッジラウンジがおすすめ」と書いてあり、ホームページから、無料のお相手診断をやってみました。

お二人とも、ブリッジラウンジに足を運んでくださって、ありがとうございます。

私はすぐにアクションを起こしたわけではなくて、ブリッジラウンジから定期的に「無料相談やってます」とメールが届いていたので、一回話聞いてみようと思い、申し込みました。
その時石垣さんに対応いただき、オンラインの面談がすごく楽しかったんです。
コロナにかかっていたので自宅療養中の寂しい時だったので、すごい楽しく過ごさせてもらえたから、とても希望をもらえた気がしたんです。

そのように言っていただき、嬉しいです!

その時、仕事が不安定で、仕事を辞めさせられたタイミングだったので、今すぐ登録は難しいんですけど、落ち着いたら登録しますって連絡しました。
石垣さんから「いつ頃、ご状況整いそうですか」と聞かれたので、「3カ月くらいしたら、多分大丈夫です」と伝え、その後、無事に就職先も決まり落ち着いたので登録して、やっと石垣さんに会えました。

石垣も「やっとお会いできた!」と思っていたはずです。

僕は宮田さんとの初めての面談の時は、ものすごくたくさんの資料を持っていきました。
個人事業主っていうと、怪しまれたら困るなと思って、ちゃんと商工会に行って勉強してるんですとか、性格診断、事業計画書とかを持っていきました。
怪しい商売じゃないです!って(笑)

懐かしいです。
何枚もの資料をご用意いただいていましたので、疑う気持ちは1mmもありませんでした!

■お見合いサービスへの心配は?

本当に出会えるのかという不安と、どんな方がほかにいいらっしゃるのか、正直分からないので不安でした。
でも、不安だけではなく、ワクワク感もありました。
その中で、最初にハナさんの紹介をいただいて、ずっとプロフィールを読み込んでました。
他には、宮田さんに、こういうときどうすればいいですか?気をつけたほうがいいことは何ですか?など、根掘り葉掘り質問していました。

ご質問いただいたり、しっかり準備してくださっていて、とても頼もしかったです。

ハナさんは、ご不安などはありましたか?

不安はあまりなかったです。
唯一、経済状況が悪かったので、お金を払い続けられるかは心配でした。
最初は成婚料があると思っていたので、直ぐに相手が見つかったら、成婚料とかで十数万払ったりしないんですか?って質問したら、成婚料はないと知って驚きました。

活動していれば定期的に人と出会えるし、会社は信用していました。
信用するのには石垣さんの存在で十分でしたし、石垣さんのために頑張りたいって思っていました。

今、ハナさんからいただいたお言葉は、後で石垣に必ず伝えます。
一緒に働く者として、このように嬉しいお言葉をいただき、本当にありがとうございます!

■初対面の印象

お見合いの時、ハナさんがお仕事で遅れていてましたが、
「今、会社を出ました」や「今、渋谷駅着きました」、「今、向かってます」などを逐一コンサルタントの方に連絡されていたので、マメな方だと思って好印象に思っていました。

びっくりしますよね。

本人は「遅れてすみません」という話しか覚えてないって言っていましたが、お仕事で遅れるのは仕方ないじゃないですか。
その対応の仕方がマメな人だったので、最初から印象は良かったです。

お見合いは、お会いする前からすでに始まっている、ということですね!

そうかもしれません。

その日は残業が追加になって、すごい焦っていました。
とりあえず連絡しようと思って、仕事終わったタイミングで電話して、電車降りたタイミングで電話をして、ビルついて電話してみたいな状態でした。
無事にお見合いまでたどり着きましたが、「遅れてごめんなさい」という話をずっとして、何を話したか全然覚えてないんです。

焦っていると、記憶飛んじゃいますよね。
ナノさんは、10分間で何を話したのか覚えていますか?

お仕事の話や、カラオケが好きだとプロフィールに書いてあったので、「何を歌われるんですか?」とか話しました。

私、何歌うって言った?

…。(笑)

なんでも歌うんですけど、

あ、でもそんな答えだった気がする。

そーだよね(笑)

たしか、相手に合わせて何でも歌いますよって言っていたと思います。

お見合い成立後のことも、知りたいです!

最初って、お茶とか軽くお話しできる場所に行くことの方が多いと思うんですけど、ハナさんが「何食べる?」と聞いてくれたので、そのとき凄いお腹空いていたので「焼肉行きたい!」って答えました(笑)
そこから「渋谷 焼肉」と調べて、それでヒットしたお店に向かおうとしたんですけど遠くて、結局歩いている途中で目に入った焼肉屋に行きました。

そこでは、どんなお話をしましたか?

私がその日唯一覚えてる話は、ブリッジラウンジから焼肉屋までの間の話ですね。
「どんな人がタイプ何ですか?」という話を私にしてくれて、その時私は、「どういうタイプとかじゃなくて、一緒にいて安心できる人がいいんだよね」って話したら、「私もです」って言ってくれました。
それが好印象だったのを、覚えてます。

ぐっときますね…!

その日のうちに、パートナーになることは意識していましたか?

僕は、半々ぐらいでした。
焼肉を食べてる中で、「次いつ会う?」という話になったので、脈がないわけではないと思っていました。

私はまだ考えていませんでした。
そこそこ長くお見合いをやっていますので、まずは何も考えず、相手を知るためにデートは1~2回しようとしてました。
基本、どなたとでも(笑)

2回目お会いする予定は、どのように立てましたか?

その場ですね。

ちょうど僕が、車を見に行く用事があったので、「来る?」みたいな話をしたら、「行く行く~」って言ってくれました。

まず、日程調整して会えるってなった日が、ナノさんの用事がある日で、一緒に行く?って言われたので、逆に行っていいの?って思っていました。

僕の用事でよかったら、どうぞ!という気持ちでした。

いいって言ってくれたし、私は特別なことが好きなので面白そうだなと思い、すごく楽しみにしていました。

1回目のデート

デート行ってどこ行く?とか相談して一緒に決めるものだと思うんですけど、1回目のデートは、僕の用事100%だったので、振り回しちゃったんです。
僕自身、車にテンション上がって、子供のようにはっちゃけてたから、はっちゃけすぎちゃったかなとすごい不安でした。
振り回しちゃったなと思って、ファミレスでご飯食べたときに、僕が「おかずを食べる?」って言ったら、「食べる」って言ってくれたので、おっ!って思っていました。

えっ!そこで?(笑)

うん。それもあったよ!(笑)

何が相手の心に刺さるかは、分からないですね!(にやにや)

そうですね…!
私は、その日のことを、すごくいい日だったと思っていました。

家族とか親友ならともかく、物件や車を見に行くのに連れていく人に、私を選んでくれるんだっていうことと、物件などを選びながら、言葉の節々で一緒の未来を想像する言葉を言ってくれて、キュンとなる言葉がたくさんでした。
車の試乗のときは、「絶対この車買う!買ったら、ハナさんといっぱいデートするんだ」みたいなことを平気で言うから、まだ付き合うとか始まってないのに、と思いながらも「行こうねって」答えていて。
内心、結構驚いていましたね。

ナノさん、ジャブ打ってますね…!
そのジャブは、意図的ですか?それとも、小悪魔的に無意識なんですか?

多分、無意識です(笑)

そういうことが1回じゃないから、すごいなって思いました。
その時、風邪の治りかけで、弱り目に祟り目じゃないですけど、弱ってた時に、嬉しい言葉がどんどん胸に残る感じで、一日中どんどん積み重なっていって、それが夕方まで続いて、いっぱいいっぱいになりました。
いい意味でね(笑)

時間も遅くて私も家が遠いから、途中で先に帰ったんですけど、その日のことを振り返って浸りながら帰りました。

パートナーを意識する気持ちは高まりましたか?

結構、上がりました。

僕も、上がりましたね。

不動産屋さんでは、担当の方が離席して調べる時間が長かったんです。
そこで2人で色々と話ができました。

私がナノさんにとってお見合い一人目って知ってたから、沢山お見合いをして、いろんな人を見てもいいんだよって話をしたんですけど、一人ひとりと向き合いたいって言ってくれるから、「じゃあ、私も一回お見合い止める」と言って、お見合いの紹介を止めてもらうように、デート後にブリッジラウンジにメールをしました。
そのメールでは、「ナノさんがすごく真剣に考えていてくれるので、とても好印象でした」とメールを送りました。

(照)

ナノさんの真剣に向き合う気持ちが、ハナさんの熱量を引き上げたんですね!

そのあとの会うお約束は、その日に決めたんですか?

また会うことはその時に決めましたが、日にちは決めなかったよね?

そうだったかも。

日にちは決めなかったけど、1回目の時は僕が振り回しちゃったから、2回目はハナさんがやりたいことや行きたい場所にしようねって話しました。

■2回目のデート

あるお店で一日店長をやることになったので、ハナさんに「もし来れたら来てね」ってLINEしたんですけど、最初来れないって言ったんです。
「じゃあ、また今度来てね」ってやり取りしたんですけど、営業時間の終盤になってサプライズでハナさんが来てくれて、その時に「この人しかいない」って思いました。

決め手はその時だったんですね。

駆けつけてくれたんだ!って気持ちが嬉しかったです。
もうこの人しかいないって思いました。

嬉しいですね。
その時の、ハナさんのお気持ちも聞いてみたいです!

元々その日は用事があったので、お店に行くのは難しいかもって思ったんですけど、ラストオーダーが遅い時間だったので、もしかしたら間に合うかもとは思ってたんです。
でも、親しい方に久しぶりに会っていたので、世間話などで盛り上がっていました。
「実は最近、いい感じの子がいるんですよね」って話して、一日店長の話もしたら、「絶対行ったほうがいいですよって」って言ってもらい、無事にお店に行くことができました。

そこにもキューピットがいたんですね。
お店の営業時間に間に合ってよかったです…!

僕は、「この人しかいない」って思ったので、次会ったときに告白しようって決めていました。

LINEで「次デートでお会いする時に伝えたいことがあります」ってメッセージをくれたので、私、告白されるんだって思いました。

バレてた?

バレるでしょ!

(笑)

そういうところからも、真摯なところが伝わりますね。

告白の日のことも教えてください!

私、告白されるんだって思ってました(笑)

秋葉原のカラオケ屋さんに行って、僕はいつ言おうかなって思ってました。
そしたら、ハナさんから「言いたいことがあるなら今言ってよ」言われたので、そのままカラオケボックスの中で「好きです。付き合ってください。」って僕から言いました。

わあー!ハナさんがナノさんの告白を引き出したんですね。
告白の言葉をいただいたハナさんは、どのようなお返事をしましたか?

「はい喜んで」ってお応えしました。
私は告白される気満々だったので、OKだから、早く言ってほしいと思ってました(笑い)

しかも、待ち合わせで会った時も、「今日伝えたいことがあります。」ってナノさんが言ったうえで、カラオケ店に入った時も、「今日時間ある?伝えたいことがある」って言ってくれたので、まだ言わないの?って思っていました。

ナノさんは、お伝えするタイミングは決めていましたか?

カラオケが終わって、個室の喫茶店に入った時に言おうと思ってました。

カラオケは個室だから何でもできる場所ですけど、喫茶店は個室だったらいいけど、周りに人がいるかもしれないから、ここで聞きたいなって思ってたし、早く聞きたいなと思ってました。

予定よりも早くお伝えすることができてよかったです!

フリータイムで夕方までいるつもりでいたんですけど、私が予約を取っていなくて10時から12時までしかいれなかったんです。
12時前になって、もうすぐ終わるから、ここで聞きたいなって思って、「私に伝えたいって言葉は今言えないことなの?」って聞きました(笑)

晴れてお付き合いすることになったお二人は、そのあとは恋人として過ごしたんですね。

午後は恋人として、違うところに行きました。

そのあとは、銀座に行きました。

「行きたいところある?」ってハナさんが聞いてくれたので、また用事付き合わせちゃって申し訳ないけど、銀座にあるヤマハのビル行きたいって言って、ヤマハのショールーム行ったりしました。
そこで、ずっとお茶してたね!

その前に、秋葉原の

あっ、秋葉原の楽器屋さん行って、お昼ごはんを食べました。

こうやって周りに人がいる場所より、個室で告白できてよかったでしょって言いながら、

(笑)

そこはやっぱり、上手くリードしてくれるなって思いました。

お二人、いいバランスですね…!

■ ゲイ 婚活で大変だったこと

僕は、住んでる場所とブリッジラウンジが離れてるので、お仕事とか用事とかで都内に出るときに上手くお見合いを組んだりするのが大変でした。
オンラインで会う方法もあったんですけど、直接会ってお話しすることが、僕にとっては重要かなって思っていたので、ここはこだわりたかったです。

私は、心と体とお金に余裕がないと活動ができないので、それぞれで大変な時期がありました。
お金がないこともあれば、仕事は充実してるけど疲れすぎてるってときもあって。
相手に出会えるかって不安も少しありましたが、石垣さんにはとてもお世話になりました。
いつまでこの活動を続けるんだろうと考えたこともありましたが、続けていたから、ナノさんに会えたんだと思います。

■ブリッジラウンジでよかったこと

必ず月に1回はお見合いを保証してくれて、担当のコンサルタントが親身になってくれる所ですかね。
宮田さんにも大変お世話になりました。

こちらこそ、大変お世話になりました…!

活動以外の話も聞いてくれたし、ちゃんとサポートのところが充実していると思います。
ただ2人を引き合わせで終わるのではなくて、その後もちゃんとフォローしてくれるところが僕はいいなって思いました。

私は、生活状況に合わせていつでも休止できるってのが良いなって思いました。
期間の制限ないですし、再開したいって言えばすぐ再開できるし。
休止は2回したんですが、1回目の休止は半年くらいして、2回目の休止は3,4カ月くらいだったんですけど、状況を落ち着けるのにすごい役立ちました。
その間もとても親切に対応して下さって、また再開して良かったなって思いました。

■パートナーができて変化したこと

相手のことを考えられるようになりました。
今までは、自分中心で「前へ前へ」って考えていたんですけど、今は横を見て、ハナさんは何考えてるんだろうとか、僕以外の相手も気に掛けることができるようになりました。
他には、自分に自信がつきました。
お仕事頑張ろうとか、ポジティブに考えられるようになりました。

嬉しいです。

ハナさんは変わったことはありますか?

私もナノさんのことを毎日考えます。
ナノさんはキラキラして見えるんです。
今までの人生経験を通して、人生これくらいかなっていう想定を持って日々を過ごしてきました。
でも、想像を超えるようなことをしてくれたり、夢持っていたり、そのために頑張ろうとしてたりとか、活力を与えてくれるんです。
私も頑張ろうって思ったし、人生もっと楽しめるんだなってすごい思いました。

素敵な存在ですね。

仕事中も次会えることが楽しみだなと思ったり、連絡が来ると嬉しいですし、仕事終わった後電話すると、すごい楽しくてほんと元気になります。

■会員様へのメッセージ

まずは、ちょっとでもいいから、一歩を踏み出す勇気を持つことだと思います。
僕はブリッジラウンジに来るまでにものすごい勇気がいりました。
漫画(『ぼくのはじめてゲイ婚活』)で田岡さんがバットを持ってるシーンがあって、この人に警戒されたらどうしようって思い、めちゃくちゃ資料用意して、怪しい人物じゃないですよってアピールしました。

結果的に、一歩踏み出せば、自分の世界も変わると思ったので、とりあえず始めてみるってのは大事かなって思います。

私は希望を持つことだと思います。
決まるときは一瞬なので、びっくりしました。
休みは多かったから、活動は1年3カ月くらいだと思うんですけど、在籍期間は2年弱位あって、2年間で相手がいつできるか分からなかったです。

ポジティブに頑張ろうって思えたのは、実は半年くらい前なんです。
前向きにお見合いに行ったり、デートに行ったりできるようになりました。
突然いい子が出てくる可能性があるんだなって思わせてくれたので、いつか巡り会えると思って、希望を持って続けてもらいたいです。

ありがとうございます。
本当に、始めることと続けることが大切だと思います。

あとは、コンサルタントの方を信頼することが大切だと思います。
ちゃんとチームプレーで支えてくださっているって感謝を抱いてると、引き寄せられるんじゃないかなって思いました。

こちらこそ、二人三脚でご活動いただき、ありがとうございました!

最後に、ほほえましいお二人のツーショットをお届けします^^☆彡

末永くお幸せに♡

■あとがき

お見合い前から好印象を与えたハナさんや、小悪魔的(?)側面があるナノさんのお話など、お付き合いに至るまでの経緯をお話いただき、ありがとうございます。

今回のインタビューでは限られた情報のみの掲載となりますが、ここでお話いただいた以外にも、お二人の人生設計についてお伺いし、いまからとてもワクワクしています。
お二人の幸せを、今後も心から願っています!

ブリッジラウンジでご活動いただきまして、誠にありがとうございました!!

(お知らせ)ポッドキャストはじめました!

ゲイ 専用結婚相談所ブリッジラウンジのコンサルタント、石垣&宮田でポッドキャストを始めました!
その名も『 ゲイ 婚活おしごと記。』!!

ご視聴は無料で、下記リンクから可能です。

iPhoneの方(推奨)
Apple Podcast
※最初からiPhoneのアプリに入っているため、アプリのダウンロードは必要ありません。

全ての方
Spotify
Google Podcast
※アプリのダウンロードが必要です。

ゲイ 婚活コンサルタントというお仕事を通じて、感じたこと・思ったことはもちろん、会員様へ向けた恋活アドバイスやお役立ち情報など、あれこれお話しています。
ブリッジラウンジの雰囲気も伝わりやすいですので、是非ご視聴ください^^

ブリッジラウンジ

140,966 views

ゲイ・レズビアン専用結婚相談所「ブリッジラウンジ」は、ゲイの方、レズビアンの方々の真剣なパートナー探しをサポートするサービスです。 そのため私たちのサービス...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧