結婚していますか?と聞かれない幸せ。

その他

こんにちは!
ブリッジラウンジの田岡です。

今日はゲイの方と日々接しながら、私が感謝していること。

何度かこの場で書きましたが、男性同士の出会いをお手伝いする前までは、男女の結婚相談所で働いていました。

ノンケ用結婚相談所で働いていて、お客様から最も多かった質問。

何か、想像つきますか?

これはサービスのご案内を行う担当者の年齢にもより異なることだと思いますが…

20代後半で結婚相談所に勤め始めた私が一番聞かれた質問は

「あなたは結婚してるんですか?」


ジムで働くトレーナーは、引き締まった体型であってほしい。
エステで働くエステティシャンは、お肌ツルツルであってほしい。

それらと同様に「結婚」へと導く担当者は「既婚」であってほしい。

そのような思いからだと感じましたし、当然気にしますよね!という気持ちもありました。

が、してないものはしてない。

「私は結婚していません。」

当時担当していたお客様は30代~40代と、ほぼ年上。

年下に大切な縁結びを任せるだけでなく、しかも「未婚」。

成功事例が無い私に任せて大丈夫なの??という反応はとてもストレートに表情だったり言葉で返ってきました。

「え??結婚してないんですか??」

「え?!未婚なんですか??」

「え?結婚していない方もこの仕事してるんですか?」

真面目に生きてるだけじゃダメですかー!涙

担当者を『年配で結婚している人』に変えて欲しいとお願いされたことも…

お幸せになってほしいという想いがあっても
経験重ねて成婚者を多く誕生させていても

「既婚かどうか」の点だけで判断するお客様もいらっしゃるため、こればかりはどうにもならない私の説得力の無さ。

そして数年間この質問を受け続け、「結婚してるんですか?」を封じるために生み出した作戦…

「既婚者のフリ大作戦」

左手薬指に指輪をしました。(自腹購入)

この作戦が功を奏し、「結婚してるんですか?」と聞かれることは減ったものの、既婚者だと思い込んだ方から新たなる質問。

「お子さんいらっしゃるんですか?」

でたーーーーーーーーー、それがあったーー!!

この「既婚者のフリ大作戦」の失敗点としては、担当する会員様の中に…

私を「未婚」だと思っている人
「既婚」だと思っている人

両方が存在し、自分でどちらを伝えたか覚えていないため、ボロが出ないように自分のことを一切語れなくなったという点です。笑

「結婚」しない!
と思っていたわけでもなく、社歴と共に任されるお仕事も増えたり、責任ある立場になったり。帰宅はいつも深夜、休日出勤も当たり前の時代。
それでも仕事は大好きだったので、夢中になっていただけなのに。

男の人はいいなー。
と思っていました。
男性は仕事頑張っていたら評価されるけど、女は仕事頑張っても「嫁にいけなくなるぞ」「子供産めなくなるぞ」なんて平気で言われていた時代でしたし、女めんどくさー!と思ったことも多々あるので、それを思えば今はいい時代…。

当時それなりに充実していても、不思議と「結婚してるんですか?」「結婚してないの?!」と何年も何百回も言われ続けると、

独身でいるのはダメ女。

結婚し、子供を産み育ててこそ女は認められる。

そんな暗示にかかり、ずっと何かがモヤモヤする…このままでいいのかな…と思う日々でした。


時が過ぎ、結婚相談所を退職。

そして男性同士の結婚相談所に勤めるわけですが、ゲイの方とお会いし始めて数ヵ月過ぎたころ、男女の結婚相談所に勤めていた時よりも心を開いて自分らしく接客してることに気付きました。

これはナゼか?を考えたところ、ある大きな違い!!

そうです。

お客様が誰一人として私に対して「結婚してるんですか?」と聞かない!!

(誰も私に興味ないといえばそれまでですが…笑)

この聞かれないことに、心が救われました。
今までの方も責めていたわけではないと思いますが、責められているように感じたあの呪いの質問「結婚は?」が無い!

あーー、良かった。
ただシンプルに幸せになって欲しい!という想いだけで仕事ができる。
未婚の私でも必要としてくれる場があった。

と、自分を肯定できたのはゲイの方との出会いのお陰。
そして自分らしく生きようとしているゲイの方と出会い、接する度に、

独身でいるのはダメ女。
結婚して子供を産み育ててこそ女は認められる。

この呪縛から解け、今の人生を曇りのない心で幸せだと感じることができました。

結婚しなくてもいい!
子供いなくてもいい!

そう思えるだけでこんなにも、楽になるなんて。
自分が思っていた以上に、他人の言葉に左右されてた証拠ですよね…


セクシャリティーに関わるお悩みとは比べものにならないほど、ちっぽけな私の愚痴のような話でしたが、受け止め方、考え方が変わるだけで世界が違って見えてくることを身を持って経験しましたので、それに気付かせてくださったゲイの方への恩返しの意味も込めて…

自分自身を否定しないような
自分自身を好きだと思えるような

生き方の道案内ぐらいは…できるような人になれるよう、日々人間力を磨いていきたいと思っていますm(__)m

自分の人生は自分のもの!

長々とお読みいただき、ありがとうございました!

婚活のプロ(独身)がご相談にのります。
どうぞお気軽にご相談にいらしてください(^^)/

まずは無料のお相手診断テストからどうぞ!

関連記事一覧