ゲイ 婚活カップル【インタビュー】スマホと共に熱くなる想い。

こんにちは! ゲイ 専用結婚相談所ブリッジラウンジの田岡です。

今回のカップルさんは、長く活動を頑張ってくださった会員様と、入会後アッと言う間の会員様。
そして関東と東北の遠距離カップルさんなので、私たちもお話しを伺いながら成立の秘訣を学ぶことができました。

約2年、毎月お会いしていた私の会員様ですので感情移入どっぷり。

心から祝福すると共に、思い出を振り返りたいと思います☺

今回の素敵なカップル

シュウさん
年齢:40代後半
在籍:2年3か月

サンさん
年齢:40代後半
在籍:2ヶ月

■ブリッジラウンジ入会のキッカケ

ブリッジラウンジに入会する前の出会い手段を、あらためてお伺いしたいと思います。

アプリです。ナイモンを使っていましたが、ブリッジラウンジに入会してアプリは退会しました。

ブリッジラウンジに入ろうと、思っていただいたきっかけは?

アプリだと真剣な出会いがなくて、人柄も分からないし、タイプの人としかやり取りしないので、出会いの幅が狭かったんです。

写真も本物か分からないし、プロフィールも良い情報しか載せないので、どんな人が来るか分からず、会うのが怖いんですよね。。

年齢を重ねて、「このままでいいのかな」とかも考えるようになって、もう少し信頼性のある所じゃないとダメなんじゃないか、と思うようになりました。

「このままでいいのかな」と思うような何かがあったのでしょうか。

旅行に行くとき、一人より周りの人とガヤガヤしてた方が楽しいから、誰かいた方がいいなと思ってたんですけど、なかなかいい出会いがなくて。
そういう日常の積み重ねで、新たな出会いを考えるようになりました。

シュウさんは、入会前は何を使っていましたか?

留学をしてたときにクラスメイトに告白されたことがきっかけで、こっちの世界に入りました。
相手は街中にカミングアウトしてるような人だったんです。
ルームメイトとして一緒に住んでるときもありましたが、日本に帰ってきてからは、Bridgeもふくめて、アプリを使っていました。

アプリを通じて何人かとお付き合いもしたのですが、ある時、仕事先の人に「アプリで見ました」って言われたんです。

仕事柄、色んな方と知り合う機会が多いので、その出来事をきっかけに、アプリを全部やめました。
そして、40代後半になり、「このままいっていいのかな」って。

アプリではなく、安心して活動できるという意味で、プライバシーマークがあるところを探していた時、ブリッジラウンジを見つけたんです。

最初は「ちょっと怪しいな、大丈夫かな」って思っていましたけど。(笑)

不安ですよね。

大丈夫かなって思っていましたが、それでも恐る恐る、扉を叩いたのを覚えてます。

■お見合いサービスへの不安は?

ブリッジラウンジは路面店ではないので、外から中の様子も見えませんし、不安も当然だと思います。
シュウさんは、不安なままスタートしましたか?

不安なままでしたね。
仕事だけやる人生でもいいかなって思ったんですけど、何か物足りなくて。
自分のホームグラウンドを作りたいなと思っていたので、それを諦めちゃいけないなって、活動を始めました。

あと、留学してた時の友達が同性婚して、「あっ、結婚か」って。
そういう世界もあるんだって考えたときに、アメリカで同性婚ができるなら、日本もいつかできるようになるかなーとか考えて、色々検索してブリッジラウンジを見つけて、始めたんですけど、ずっとモヤモヤしてました。
大丈夫なのかな、どうなるのかな、とか…。

シュウさんのようにオープンにせず生活している方は、お相手にもセクシュアリティの開示に抵抗がある、という方がいらっしゃいます。

自分もちょっと嫌でしたね。
こっちの世界は案外狭いので、仕事の人に出会ったら嫌だなって思っていました。

サンさんは、心配とか不安とかありましたか?

最初に、オンラインお見合い接続の関係で軽いトラブルがあったのが少し不安でしたけど、それぐらいでした。

入会前、ホームページを見てどういうサービスを行っているのかを調べて、他社もあることを知りましたが、ブリッジラウンジにはプライバシーマークがあり、片方にはなかったので、ブリッジラウンジの方が安心できるなと思って選びました。

ブログ読んで、Xを見て、いいかな!って思い、勢いで入会しました(笑)

■オンラインお見合いの印象

最初の印象は爽やかな感じがしました。
乗り物が好きということが分かって、話が盛り上がり、お見合いの10分はすぐ終わってしまいました。

お見合いの時に、車に乗る話題に?

プロフィール見て、話が合うところは「乗り物」というのが分かったんですけど、学歴がちがうので、話が合うかなって少し不安でした。
でも、話してみたら話が合って、もうちょっと話してみたいなって思いました。

お返事に、迷いはなかったですか?

返事に迷いはなかったです!

シュウさんは、第一印象どうでしたか?

最初はスマホでのオンラインお見合いでしたが、画面を縦にしていたので、顔が小さく表示されていて、正直、サンさんの顔は分からなかったんですよね(笑)

話をしていて車が好きなんだと知り、興味が合うって大事だなって思いました。
話が単純に面白かったので、あっという間の10分でした。
何も考えずに話が自然と続いたので、不思議な感覚でしたね。

オンラインお見合いの夜

その日の夜に、LINE通話をしてようやく顔が見えたって感じでした(笑)

そこから、毎晩オンライン通話をしていました。

初日は、何時間くらいお話ししましたか?

1時間半?

2時間くらい?

23時位だった気がするんですけど、25時位になって寝なきゃってなったね。
あっという間に、時間が過ぎていきました。

オンラインって対面よりタイムラグが発生したり、間合いとか難しいのに、すごいですね!

車の話をしたんですか?

なんだっけ(笑)

車の話もしてたし、

途中、職業バレちゃったよね。

そーだった?

僕の勤めてる会社名を当てられて、バレちゃいました(笑)

サンさんの会社名聞いちゃったら、僕も言わなきゃいけないと思って、僕はこんな会社なんですっていう話をしたら、急に話の幅が広がりました。

それから結構お互いにオープンになって、仕事の話とか、今まで何をしてきたとかを話しました。

早い段階での深い話!カップルさんあるあるだと思います。

毎晩、仕事の話や自分の考えとか色々話すようになりました。

毎晩、LINEで通話ですか?

ビデオ通話です。

初日に、1時間半を2回してました!

スマホが熱くなっちゃう!

充電がなくなっちゃいそうでした(笑)

そうですよね。
また明日、みたいな感じで毎日?

また、「明日話そう!」が毎日。

最初がオンラインだったので、通話ではなくビデオ通話がデフォルトになって、毎日ビデオ通話してたので、距離はあったんですけど、特に距離は感じてませんでした。

感じないですよね。
都内同士でも毎日、顔を見合わせて話すことなんて少ないです。

毎日仕事が終わって、今日は何時から話す?みたいな感じ?

はい。
お互い家に帰ってきて、25時半くらまでは話すことが定番でした。

直接対面でお会いするまで

毎日どれくらいテレビ電話を?

毎日1、2時間が当たり前でしたね。
90%あった充電が終わるころには、スマホも熱くなって1、2%しか残ってないみたいなのが当たり前でした(笑)

「そろそろ充電が切れるから、またね」って感じでしたね。

しあわせー!!
お二人がご交際する関係に進めばいいなと意識し始めたのは、いつですか?

一回も直接会っていなかったので、まず、会わないとダメかなって思いました。
会ってみたら、上手くいかないこともあるかもしれないから、気持ち的には会うまでは何も決めてなかったです。
会ってからと決めてたので、オンラインお見合いの一週間後に会いに行こうって決めました。

「一週間後会いに行く」って聞いてどう思いました。

へ!?マジで!?ってなりました。

(笑)

もう?いいんですか?って感じでしたね。

初対面の初デート

彼の住む仙台に行き、会ってみたら意外と普通だったんですよね(笑)

毎日やり取りしてますもんね(笑)

全然、普通に会えました。

どれぐらいの時間、一緒にいたんですか?

8時間くらいです。

お昼前くらいに仙台に着いて、最終の新幹線で帰りました。

その日のデートを詳しく知りたい!!!

(笑)

車で迎えに来てくれて、まずは、車を見ました(笑)

自分でカスタマイズしていて、すごい感心しましたね。
田舎のヤンキーみたいな車じゃなくて安心しました(笑)

サンさんのお人柄よりも先に、車の確認だったんですね(笑)

車でしたね!

車の中も見せてもらって、スゲーな!!ってなりましたね。

車を買いに行った人、みたいになっています(笑)

(笑)

車の中も奇麗だったし、これは車好きじゃないとできないなって思いました。
僕も車が好きで、パーツ付けたりいじったりしてるので、車にお金を使っても変な風に思われないなって安心しました。

着いて早々車をチェックするシュウさんを、サンさんはどんな感じでご覧になってたんですか?

車のあちこちを、全部開けるんだって思いました(笑)

そういうところ見て、車が好きなんだなって伝わってきますよね。

写真も撮っていました(笑)

写真も(笑)

開けれるとこは全部開けて、エンジンルームも開けるの?ってなりました。

査定じゃないですか(笑)どれくらいの時間、車をチェックしてたんですか?

10分くらいだったと思います。

車を見て、海鮮を食べに行こうってなったんですけど、行こうとしてたお店が混雑してたので諦めて、サンさんの家の前通ったり、地元を案内してもらったりとか、津波がここまで来たみたいな話をしたりとかしながらドライブをしました。
道の駅のトイレに寄ったら、ここの海鮮丼の方が美味しそうだねって話になって、結局道の駅で海鮮丼を食べました。

そのあとは、職場までどう行ってんだろうって知りたくなっちゃったので、職場までの道のりはどんな感じかな、と。

通勤ルートを見せなさいと(笑)

はい(笑)
帰り道に名物のでっかい大仏を観に行って写真を撮ったりして、牛タンを食べようという流れになりました。

そうですよね!仙台といえば、牛タン!

告白の言葉

ずっと喋ってたんですけど、本当に普通だったんですよ。

何も考えなくていいんですよね。
いつもだったら「今後どうなるのかな」とか、「この人なのかな?」とか考えたりするけれど、サンさんは一切考えることがなかったです。

会話もずっと続いていて、何回会ってもこの心地の良さは一緒かなって思いました。

そのあと、防波堤沿いで言わせていただいて、

初対面の日に告白を?!
何て?なんて?言いました?!(前のめり)

(笑)

それ、聞くんですか!

それを聞きたくて、呼んでいます!(笑)

ストレートに「お付き合いさせてください」って言いました。

おぉぉぉ!!それは、一日中一緒にいて、帰り際とかにですか?

14時半過ぎとか15時前、だったと思います。

まだ会って数時間ですよね。

会ってみて、車が好きなのも同じで、そういうところも似てるなって思ってたし、何も意識しないで会話が続いていて、今までにない感じでした。

ご飯食べても普通だし、車の中でも普通だし、不安がなかったです。
込み上がってくるようなものもなく、感情がずっとフラットで、今までにない感情でした。

パートナーって、こういうことなのかな、って感じました。

縁がある人はみんなそう!同じことを言う!

色んな方とお会いして、経験があったからこそ違いがよく分かりました。

うまくいきそうでいかないときって、色々考えてたんです。
でも、今回は何も考えずに、心のままスッと。

過去の経験と比べて感情の違いがよく分かったので「お付き合いさせていただけませんか」とお伝えしました。

ほぇーーー!♡
お会いしてから一方、サンさんは同じ感覚でしたか?

あの日、声が枯れていたんですね。
喋りすぎて、のど飴なめてたんです。

この人喋りすぎなんだよなって思ってました(笑)

枯れるほど喋ったんですね(笑)

普段そんな喋らなかったみたいなので、のどが痛くなってのど飴をなめてましたね(笑)

でも、無理はされてなかったんですよね?

そーですね。喋りたいことを喋ってたので(笑)

告白されて「先に言われた」って言いました。

こっちは運転してたので、言われちゃったよーって言いました。

どこかで車を停止しての告白ではなく?

防波堤の横を走ってた時に伝えました。

そこまでに、交際を見据えた話はしていましたか?

特に話してないですね。

今後の活動どうする、みたいな話題もなく?

急でもないな。どうしてこの流れになったんだっけ?

今後どうする?みたいな話、しなかったけ?

今後どうしようかね?みたいな話はしていて、その時の気持ちを言ったのかもしれません。

なるほど!
サンさんの中でも、同じ気持ちだったんですか?

そうですね。

二人ともテレビ電話の日々で、好意が芽生えていったということですね。

ないとこんなに続かないですね。

お会いする時には、お互いの気持ちの確認だったんですかね。

そーですね。

恋焦がれて気持ちが盛り上がるっていう感じでもなくて、中学高校みたいなドキドキ、キュンとかではなくて、不思議な感じでしたね。
不思議な感じがあったので、これなのかなっていうのはずっと思ってました。

言葉にできない、違うものがはじめの時からあるなって自分で思ってました。

告白して、そこからはよろしくお願いしますみたいな?

「よろしくお願いします」って言われて車の中でテンションが上がりました。

その、瞬間から初対面の二人は恋人になったんですね!

はい、お互い「よろしくお願いしまーす」って。

仕事の取引先みたいな挨拶(笑)

走行中だったので、バタバタできないから(笑)

そーですね(笑)

そのあと、観音様みたいな所に行ったときに、2ショット写真をセルフィーで撮って、付き合ってる感じがしました(笑)

ドキドキしちゃう。

そこで、あらためて「よろしくお願いします」ってなりました。
日帰りで時間もなかったので、後日また仙台に行くことにしました。

2回目は、いつ行ったんですか?

2週間後くらいに行きました。

その間は、通話は続いていましたか?

はい。毎日、通話してたんですよ。

今も、毎日通話しています。
最近は、皿洗いしながらとか、洗濯しながらとかです。

いいんですね!

2週間後また行くわ!みたいな感じだったんですか?

そうですね!

2回目の仙台デート

2回目は、桜を見に行きました。

宮城の名所で桜が土手沿いに1000本あるところに行こうって話してたんですけど、寒かったせいかその日は五分咲きでした。

花見じゃなくて枝見だったね(笑)

その日は、丸一日いたんですか?

その日は仙台に泊まりました。はじめてゆっくり過ごしました。

2日目は車の点検で、サンさんの地元に戻り、塩釜神社に行き桜を見ました。

金運の神社にも行ったよね!

あー、金蛇水神社!それは1回目

そっかー、お参りしたりして。

…文字にしたらつまんない話ばかりですよね。

楽しい。私はずっと楽しい!

「お金貯まる神社と、出会いが恵まれる神社、2つあるけどどっちがいい?」って聞いたら、「お金の方」って言われたのでお金の方にしました。

そりゃそうですよ!
もう出会いはいらない!

だよねって言って、お金貯まる方に行きましょう!ってなりました。

これから仙台に行くのに、新幹線に乗ったりするので。お金(笑)

シュウさんから何度も飛行機に乗ってここへ行ったとか、東北行ったとか聞いていたので、プライベートでこれだけ移動を頻繁に行っているのであれば、仙台の方をご紹介しても「遠い」と感じないかも、と思っていました。

車好きでマッチングしたわけじゃないので、車に関しては偶然の産物です。

日本だと東京にいればどこでも近いので、仙台も遠いって思わないですね。

新幹線乗っちゃえば、すぐ着いちゃうし。

■婚活で大変だったことは?

宮田さんには自分の性格を伝えてましたけど、どういうふうにマッチングされるのか不安でした。
顔が見えないし、分かる情報は文字情報しかないので判断するのが難しかったですね。
アプリは写真とプロフィールが載ってるけど、紹介状には見えない情報が多いので、判断難しかったです。
ですが、最終的には、プロに任せてれば安心だと思っていました。

ありがとうございます。

シュウさんは不安いっぱいありましたよね。

上手くいかないことの方が多かったので、ネガティブなことを考えてしまうことが多かったです。
色んな人とお会いする機会をいただいて、上手くいかないということは僕が変わってるのかと思ったり、自分自身が嫌になってしまうことが多かったです。
そこをどういう風にモチベーションを上げて、前向きに続けるかが大変でした。

色々と考えちゃうので、定期的に田岡さんに吸い取っていただいてましたね(笑)

最終的には諦めなくて良かったです!

人口が少ない中で、さらに東京で、さらにブリッジラウンジに登録してる人で、しかも自分の趣味やタイプの中で…となると、すごい確率的には大変だろうなとどっかで思っていたので、その中で出会っていくのは不安でした。

アプリは身バレが怖いですし、二丁目とかもまだ怖くて行けていなくて、東京レインボープライドとかのイベント系も行けない自分もがいるし、結局そういうところに行けなかったので、何かやらないと出会えないのも分かっていましたが、どう希望を持って前向きに…という点は難しかったですね。

そうですよね。
ただ、サンさん!シュウさんは活動を長く頑張ってくださったんですけど、誤解してほしくないのは、シュウさんが選り好み激しかったとか、何かをこじらせて長かった訳じゃないんです。

どなたにも誠実に接して下さっていて、私の力不足だったこともあります。
それと、どなたもそうなんですが、一つずつ幸せに繋がるステージのようなものがあるんですね。
セクシュアリティの自認がそのひとつですが、自分自身でセクシュアリティを否定してないこと、男性のパートナーを探す!という曇りない気持ちがないと、誰と出会っても、自己肯定感が低いまま相手のことをシンプルな心で見れない現象があります。

あとは、希望条件やアプローチの課題もあります。
想う人に想われないとか、自分が違うなって人には想われるとか。
出会った直後はお互い好印象だったのに、アプローチ方法間違えるとか。

色んな学びのステージが、大きな幸せを掴むまでに用意されていて、このステージをクリアして入会している人もいますが、ブリッジラウンジの場合は、ゼロからスタートの方も多いので、その場合はそれなりの時間は要します。

とはいえ、このステージクリアの過程で心が折れそうになるんですけど。。
シュウさんは、一回一回の経験を無駄にせず、振り返りながら私の意見も取り入れてくださったりして、確実に各ステージをクリアされていました。

準備が整ったからこそ出会えたご縁だと感じますし、私たちもシュウさんの変化は感じていましたので、メールのご報告を見てコンサルタントのみんなで「これはうまくいくね!」ってなっていました。

■パートナーができて変化したことは?

最近は、お金の使い方がかなり変わりました。
前は、ステータスのために飛行機乗っていましたが、今は、飛行機はどうでもよくなって、お金を貯めて新幹線に使おう!というように、お金の使い方は変わりました。

パートナーができてこそですよね。

サンさんは、パートナーができて変わったことはありますか?

同じなんですけど、お金の使い道が変わりました。
今までは自分のためにお金を使ってたんですけど、シュウさんと一緒に旅行に行きたいって話してるので、それに向けてお金を貯めています。
お金の使い道が変わり、余計に使わなくなりました。

■これから幸せになる人へのメッセージ

今活動してる会員さんに向けて、卒業生から一言欲しいです。

最近、関東圏外在住の会員様も増えていますが、関東圏外であることがネックになるんじゃないか、難しいんじゃないかとご不安に思ってる方もいますので、こうすればいいんじゃないか、みたいなお言葉をいただけると助かります。

自分を信じることは大切ですけど、任せれば安心って自分は思っていました。
関東圏外とかは関係なく、アドバイスや言われたことを信じて、活動していくことが大切だと思います。

マッチングのことは分からないので、プロに任せたほうがいいと思ってたので、信じて第一印象で断るのではなく、まず話してみることも大切だと思います。
自己紹介文を読んで興味がないと思ったとしても、話してみたらもしかしたら合う人かもしれないので、紹介の時点で断るのは、このサービスを使う意味がきっと半減してしまいます。

距離の制限は、設けない方がいいと思いますね。

沖縄だろうが北海道だろうが飛行機に乗ればどこでも行けるし、通信網も発達してるしビデオ通話できるし、中間点で会うこともできるので、距離とかこだわらない方がいいって今回で思いました。
はじめは、「千葉だと遠いかな…」とか思ったりしてたんですけど、活動を通じてそんなことないなって気付きました。

そうなんですよね。

活動がこうやって終わってみて、気づくんですよね。
結局、仕事は忙しいし、土日も予定あるので、距離は関係ないですね。
なので、制限を付けないことが大切ですね。

あとは、諦めないでやるしかないですね!

それと思うのは、田岡さんとかコンサルタントに自分のことを分かってもらうために、こちらから伝えないといけないなと思いましたね。

色々と話す機会もいただけたので、業務時間だろうが、会議のフリしてアポを取らせていただきました。(笑)

お見合い待ち時間の10分では何も分からないので、こちら側の努力も非常に大切だと思います。

色々と話したので些細な所に気づいていただきました。

シュウさんとはよくお話ししましたよね!
「こういう希望条件がいい」というよくある希望は、頭で考えて伝えるので、本質ではない時もあるんですけど、シュウさんのご紹介は雑談がヒントになりました。
シュウさんは何に喜んで、何を楽しんで…というのが会話で情報得られたので、今回のように距離は気にしないかもしれないとか、喋ってみた雰囲気とかも合う!と確信持てました。

私もあらためて、会員様を知るというのは希望条件を知るということだけではなく、色んな話をするのが大事だなって学びです。

過去経験してきたことなどを、分かってもらった方が感じ取っていただけるのかなって思っていました。

そのために自分たちも努力しなけれないけないのかなって思います。

自分の人生を伝えるくらいの努力をしないといけないですね。
そうすると、出会いの確率が増えると思いました。

シュウさんみたいに相談できる方と、相談する習慣が身についてない方とか、相談の仕方も分からない。という方も少なくないので、細かな部分も気付いていかないといけないなと改めて思いました。

十分やっていただきました、本当にありがとうございます。

サービスを受ける側も頑張らなきゃいけない、と思います。

私はシンプルに楽しかったです。Webとか、お見合いのときの他愛ない話も!

本当にありがたかったです。

初めてブログを読んでいる方に向けても、一言いただけますか?

変なこと起きないですし、コンサルタントの方は変な人じゃないから、やるしかないと思います。

バレることも心配だと思うし、ここのビルに入るのも、もしかしたら誰か見てるかもしれないとか思うんですけど、今思うのは恋人とかパートナーが欲しいなら、安心して飛び込んでいいと思います。

最初は、壺とか買わされたら嫌だなと思っていましたけど(笑)

壺作ってないです(笑)

投資の話になっていったらどうしようかと思ってました(笑)
僕自身、心配性で、すごい人の目とか気にするんですけど、ここまで活動を続けてこられたのは、プライバシーも守ってくれますし、このビルの周りって意外と人が少ないので、誰かに会う心配はなかったです。

そうなんです。
意外とビル周辺には人はいないんですよね。特に土日は!

なので、入りやすかったです。

ご紹介いただく人は、セクシャリティを隠してる人の方が多いので、今このブログを読んでいて、モヤっとしてるならとりあえず一回お店に行ってお話ししてみて、飛び込むのが大事なのかなと思います。

ビルに入ることすら後ろを見たり、すごいドキドキしましたけど。

自分は地元がここじゃないので、誰かに会う心配はないんですけど、今日は人混みに酔いました(笑)

そういえば、会社名の心配でしたね。
xが三つの会社名、「xxx株式会社」って何?って、最初は思っていました(笑)

ブログとかも情報源になるんですけど、まずは無料相談で実際に話してみたら雰囲気もつかめるし、自分のモヤモヤした迷いが取れると思います。

そして、コンサルタントの方の言うことをちゃんと聞いて、まずは入ってみて行動してみる!

打ち明けるべきことは打ち明けていかないと、良い出会いに繋がらないんじゃないかなって思います。

お二人が飛び込んでいただいた賜物です。
ここまでご活動いただき、ありがとうございました!

お二人より、素敵な贈り物もいただきました!

こちらの「からからせんべい」初めていただいたのですが

割ると中からおもちゃ!!

た、の、し、い…

「一旦、全部割りたい」という私の欲望は、スタッフの「やめてください」という声と共に静止されましたが、美味しさだけではなくワクワク感も楽しめるお菓子に感動しました。ありがとうございます!

そしてコチラのまるごとみかんゼリーは、その名の通り丸ごとみかん🍊

みんなで「美味しいね」「濃厚だね」「今まで食べてたみかんゼリーって何だったんだろうね」と言いつつ、贅沢ゼリーが減るのを惜しみながら、ちびちび、ちびちび、いただきました!!

ありがとうございます✨

■あとがき

県外在住のため、オンラインお見合いで「はじめまして」
そして、その日夜から毎日テレビ電話。
一週間後にはお相手お住まいの土地に出向き、初対面&告白。

ぽんぽんぽーん!と決まったお二人ですが、文中にも記載ある通りシュウさんの活動歴は約2年。
語り尽くせないほど、いろーんなことがありました(´;ω;`)
それでもご自身の幸せを諦めることなく、定期的に私と面談してくださり、その会話ひとつひとつが「サンさんを紹介しよう!」に繋がりましたので、シュウさんご自身の行動が結んだご縁だと感じています。

やっと出会えた大切な人。
そして、初対面直後に車のチェック&撮影。笑
いろいろ開けるな~と見守っていたサンさん。涙
すべてが愛おしいです!

素敵なお二人、とてもお似合いでした。
心から!おめでとうございます!

今は東京のみの運営ですが、お住まいの地域にこだわらずお相手探しをされている方もいらっしゃいますので、今後も地方にお住まいで出会いが限られる方にも、より多くのお幸せをお届けできれば嬉しいです。

サンさん、シュウさん、またいつかお会いできること楽しみにしています。

末永くお幸せに♡

(お知らせ)ポッドキャストはじめました!

ゲイ 専用結婚相談所ブリッジラウンジのコンサルタント、石垣&宮田でポッドキャストを始めました!
その名も『 ゲイ 婚活おしごと記。』!!

ご視聴は無料で、下記リンクから可能です。

iPhoneの方(推奨)
Apple Podcast
※最初からiPhoneのアプリに入っているため、アプリのダウンロードは必要ありません。

全ての方
Spotify
Google Podcast
※アプリのダウンロードが必要です。

ゲイ 婚活コンサルタントというお仕事を通じて、感じたこと・思ったことはもちろん、会員様へ向けた恋活アドバイスやお役立ち情報など、あれこれお話しています。
ブリッジラウンジの雰囲気も伝わりやすいですので、是非ご視聴ください^^


ブリッジラウンジ

140,966 views

ゲイ・レズビアン専用結婚相談所「ブリッジラウンジ」は、ゲイの方、レズビアンの方々の真剣なパートナー探しをサポートするサービスです。 そのため私たちのサービス...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧