ゲイ アプリのプロフ写真の選び方|ブリッジラウンジ公式ブログ

今回は、ブリッジ(Bridge)、ナイモン(9monsters)、アンバード(AMBIRD)など、ゲイアプリご利用の方へパートナーと出会うための第一歩!!
ズバリ、プロフィール写真について。

「写真?イイの無いし、何でもいいや」
「写真?めんどくさい、今のでいいでしょ」
そんな貴方に読んでほしい。

どんなに人間性が優れていても
健康に気遣っていても
仕事頑張っていても
真剣な出会いへの想いがあっても
「プロフィール写真」
という第一関門を突破しなければ、パーソナルな魅力を知ってもらうこともできません。

「好みの顔かどうか」のジャッジはさておき、そもそも「悪い印象」を与えてしまうお写真もチラホラ…。

アプリでパートナーと出会った方は、お相手(見る側)からの印象も考え、お写真を使用されています。

お写真の見直しポイントを3つ、挙げてみましたので是非、この機会に見直してみてください。

その① 背景は、天気の良い屋外、または明るい屋内

明るい写真はマストです!
どちらかと言うと自然光(晴れ)で撮影されたものが◎

印象も明るく、旅行時のお写真を使用している方は開放的な表情もナチュラルで好印象を与えます!

その② スマイル!

写真などで人の笑顔を見るだけでも、人間は気分が上がります。
これは笑顔の人につられて表情筋が刺激され、快に関する神経伝達物質が分泌されるためだと言われていますが…
そんなことよりも!
マッチングアプリでの勝負は、写真閲覧の一瞬で決まります。


好みはそれだと思いますが、ブリッジラウンジにご入会される方からご希望を伺っていても
「暗い人がいいです」
という方はお一人もいらっしゃいません。

将来長く一緒に居るのであれば、なおさら心は明るく健やかな方が良いと思います。
そんな心の状態が伝わるのがお写真。
笑顔、といっても豪快に笑う必要はなく、微笑むぐらいでも◎

その③ 第三者が撮影!

ブリッジラウンジはゲイアプリBridgeも運営しているため、アプリの写真について印象をBridge運営スタッフに聞いてみると、自撮り写真の人気の無さに驚きます。
そしてここまで自撮り写真は敬遠されているのに、自撮りを掲載している人は多いという事実…

自撮りでも、良い写真は拝見しますが、そうしたプロフィール画は、「野外・爽やか・清潔感・笑顔」が含まれています。

自撮りは自宅撮影が多く、お一人で「笑顔」を作るのが難しい。

そのため、無表情になり、結果的にお相手に暗く寂しそうな印象を与える写真になってしまいます。
かに撮ってもらったであろう写真は、

友達と出掛けている

社交的な人かも

出掛けることが好きな行動力ある人かも?

などなど、連動してイメージされるものがプラスに働くため、自撮りよりも断然印象が良く、いいねに繋がります。

【まとめ】 ゲイ アプリの写真を見直そう!

いかがでしたでしょうか?

今回挙げた3つのポイントを見直すだけでも、マッチング率はぐんと上がるはずです。

是非この機会に写真を見直してみてください(^^)/

また、中にはそもそも、「写真が苦手・・・」という方もいらっしゃるかと思います。
そんな方にはブリッジラウンジでの出会いがおすすめです。

ブリッジラウンジでは、お写真の撮影は必要ありません。

まずお見合いで「会う」ところから出会いがスタートします。

サービスのご案内は無料ですので、是非お気軽にご予約くださいませ。
→、ご予約コチラ

ブリッジラウンジ

140,966 views

ゲイ・レズビアン専用結婚相談所「ブリッジラウンジ」は、ゲイの方、レズビアンの方々の真剣なパートナー探しをサポートするサービスです。 そのため私たちのサービス...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧